脇 イボ

脇のイボを正しい治し方とは?

 

脇は服などとの摩擦も起きやすくイボができやすい場所です。
今回はおすすめの治療法(薬やジェル)を紹介します。

 

脇のイボに使える薬やジェル・クリームの治療薬でおすすめなのは?

脇のイボに使える薬やジェル・クリームの治療薬でおすすめものはどれ?

 

脇にイボが存在してしまうと、服などを着た時に摩擦で、
気になるという場合も多いかと思われます。

 

脇

 

脇は汗などをかきやすく蒸れやすい場所なので、
脇はイボも生じやすい箇所でもあります。

 

脇のイボは皮膚科で治療するのが確実ですが、忙しくてなかなかいけない場合などは、
自宅でジェルやクリームで処理するのがおすすめです。

 

ジェルやクリームなどは、薬局で買える市販の薬やスキンケアも兼ねている、
美容ジェルやクリームなどがあります。

 

また、市販の薬は塗り薬と飲み薬に分けられます。

 

脇以外にもたくさんイボが出来てしまっている場合は、塗るのが大変なので、
飲み薬を飲むか全身のケアが可能なジェルやクリームを使うのがおすすめです。

 

脇

 

それぞれに特徴があるので、
ご自身に合った薬を使われるといいですね。

 

また、脇のイボに良い薬は、
ハトムギの中に含まれているヨクイニンが効果があります。

 

市販の薬を選ぶにしてもジェルやクリームを選ぶにしても、
ヨクイニンが配合されているものがおすすめです。

 

 

Menu []

 

 

脇のイボは市販薬・治療薬で治せるの?

脇のイボは市販薬や治療薬で治すのは可能なのでしょうか?

 

脇のイボを確実に治すには皮膚科にかかるのがおすすめですが、
会社勤めなどをしていて、皮膚科になかなか行けない方もいるかもしれません。

 

そんな時は薬局などで購入できる市販薬や治療薬で脇のイボを治すといいでしょう。

 

薬局

 

脇のイボを治す薬は薬局などでも買えます。
主に市販薬は飲み薬と塗り薬に分かれています。

 

脇以外にもたくさんの場所にイボがあって、
塗り薬だと大変そうな場合は飲み薬を飲むのもいいですね。

 

ヨクイニンSコタロー、イボコロリ内服錠などの治療薬は、
脇のイボに効果的なヨクイニンが配合されているのでおすすめです。

 

但し、内服の薬は効果が出るまでに時間がかかるので、
根気よく飲み続ける必要があります。

 

薬を使ってピンポイントで脇のイボの治療をしたい場合には、
塗るタイプの薬の市販薬がおすすめです。

 

市販薬

 

イボコロリの塗り薬タイプは足のみに使用するタイプですので、
脇用の薬として使用するのは避けましょう。

 

塗り薬タイプの市販薬は、漢方薬の紫雲膏などがおすすめです。
こちらにも脇イボに効果があるヨクイニンが配合されています。

 

塗り薬タイプのものは市販薬以外にも、
ジェルやクリームタイプのスキンケア剤を使用するのもおすすめです。

 

脇のイボの治療だけでなく、保湿や角質ケアも行うのが可能です。

 

 

 

脇のイボに治療薬で人気が高いのは?

脇のイボに治療薬で人気が高いのはどれでしょうか?

 

脇のイボが生じると気になりますよね。
夏場は脇が見えてしまう機会も多いですし、冬場は服などの摩擦が気になります。

 

脇

 

今回は脇のイボに人気の治療薬をいくつかご紹介します。

 

まずは内服薬タイプのヨクイニンSコタローです。

 

ヨクイニンとはハトムギに含まれている成分でウイルス性の脇のイボに効果的とされています。

 

ヨクイニンSコタローには、名前の通りヨクイニンが配合されているので、
身体の内側からイボの治療可能です。

 

脇以外のイボにもお勧めです。

 

他には塗り薬タイプの紫雲膏もおすすめです。
こちらは漢方薬です。

 

脇のイボ以外にも湿疹などの皮膚トラブルに使えるので、
常備しておくのもいいかもしれませんね。

 

保湿効果が有るのでイボの治療だけでなく、
再発予防にも効果的です。

 

 

そして、最後にイチオシするのは、
脇のイボの治療薬の艶つや習慣です。

 

さらに、こちらは脇だけでなく、全身に使用するのが可能です。

 

艶つや習慣

 

お子様からお年寄りまで使えるので、常備しておくのもいいですし、
普段からスキンケア剤として利用するのもいいでしょう。

 

艶つや習慣は保湿成分が豊富に含まれているので、
脇イボの治療薬として以外にもスキンケアとしても使用出来ます。

 

 

脇のイボにジェル・クリームで効果が高いのは?

脇のイボにジェル・クリームで効果が高く人気なのはどれでしょうか?

 

脇のイボを治療したいけれど治療薬は、
副作用が心配という方もいるかもしれません。

 

脇

 

他に飲んでいる薬があって飲み合わせの心配をされる方もいるでしょうし、
お子様などに脇のイボが出来てしまった場合は、薬を飲ませて大丈夫なのかも不安ですよね。

 

そんな時は自然由来の成分で作られているスキンケア剤を使うのがおすすめです。

 

艶つや習慣には、脇のイボの改善や再発予防に効果的な、
ヨクイニンが配合されています。

 

また、保湿力を高めてくれる、
あんずエキスも豊富に含まれています。

 

ヨクイニンで今ある脇のイボの改善や治療をするだけでなく、
あんずエキスをはじめとした、保湿成分で肌を正常な状態にし、
脇のイボの悪化や再発を防いでくれます。

 

保湿効果が高いので、
脇イボ以外にも角質ケアなどにも効果的です。

 

艶つや習慣は自然由来の成分からできているので、
お子様からお年寄りまで使えますし、肌の弱い方でも使えます。

 

ピーリングタイプと違い、洗い流す必要がないのも楽ちんです。

 

子供からお年寄りまで

 

お子様の保湿ケア、奥様のスキンケア、
ご主人の髭剃り後の保湿ケアとしても使えます。

 

家族みんなで使えるので経済的ですね。

 

そして、艶つや習慣はこれだけで、
スキンケアが完了するオールインワンジェルなのが嬉しいです。

 

お仕事で忙しい方や子育て中の方などで、スキンケアに時間を取るのができない方でも
艶つや習慣だけで、脇イボ対策だけでなく、毎日のスキンケアも行えます。

 

全身に使えるので、顔用のスキンケア用品、ボディ用のケア用品と、
使い分けていた方は節約や時短につながるのではないでしょうか。

 

 

脇のイボを切除する時の費用や期間について

脇のイボを切除する時の費用や期間はどれくらいでしょうか?

 

費用

 

脇にイボが出来てしまい、残念ながら市販のお薬で治らないなら、
皮膚科などで治療薬をもらう以外にも切除になるかもしれません。

 

脇のイボを切除する方法にはいくつかあります。

 

まずは皮膚科などで外科用のハサミなどを使用して切除する方法

 

脇イボの形状にもよりますが、1回の治療で済むので手軽です。
費用も保険適用されるので安価です。

 

次にあるのが液体窒素を使用して切除する方法です。

 

液体窒素を使用すると、患部を凍らせて組織を殺せます。

 

液体窒素を使用した箇所は、やけどと同じ状態になるので、
一度に治療はできず複数回通院する必要です。

 

脇イボの状態にもよりますが、一週間程度の間隔で数回通うのが多いです。
費用はこちらも保険適用されるので安価です。

 

ただし、やけどと同じなので跡が残る可能性があります。

 

医師

 

跡を残したくないなら自費治療で高額になってしまいますが、
レーザー治療
などがおすすめです。

 

レーザー治療は痛みもなく、きれいに治療できます。

 

しかし、こちらの方法も液体窒素同様に一度で完治するわけではないので、
数回程度通わなければいけません。

 

最初に費用や治療期間を確認しておくと安心ですね。

 

 

脇のイボで大きい場合の原因や対処法は?

脇のイボで大きいものの時、原因や対処法は?

 

小さい脇イボが出来てしまっただけでも気になるのに、大きい脇イボが出来てしまったり、
イボがだんだんと大きくなってしまうと気になりますよね。

 

脇

 

脇にイボができる原因は、角質に汚れが溜まってできてしまうものと、
ウイルス性の脇イボが考えられます。

 

どちらのイボも、できたのが気になってしまい触ってしまったり、
服などと摩擦を起こすので、
更に脇のイボが大きくなってしまうときがあるので注意が必要です。

 

脇イボが大きくなったからといって、必ずしも重大な病気であるというわけではないので、
それほど不安にならなくても大丈夫でしょう。

 

しかし、安心するためにも皮膚科などを受診して脇イボの原因を調べてもらうと良いです。

 

また、大きい脇イボは目立つだけでなく、服などを着た際に摩擦を起こしてしまうときもあるので、
切除するのがおすすめです。

 

切除は脇に出来た大きいイボは、外科手術をして取るときもあります。

 

ハサミなどで切るのもありますが、大きさによっては局所麻酔などをして、
メスなどで切除するのも考えられます。

 

皮膚科

 

麻酔などを行うなら、診察をしてから切除をする日程を決めて、
切除をするという流れが一般的です。

 

日程に余裕がある時に皮膚科を受診するのがお勧めです。

 

 

脇のイボが黒い。病気の可能性はある?

脇のイボが黒い時、病気の可能性もあるのでしょうか?

 

脇に見なれないイボが出来ていると不安になりますよね。

 

ましてや、その脇のイボが黒い場合や徐々に黒ずんてきた場合は、
何か重大な病気ではないかと心配になってしまいます。

 

脇

 

黒いイボの原因は脇の肌のターンオーバーや状態などに何らかの異常が生じてしまい、
老廃物や脂肪がたまってしまうというものが多いです。

 

かといって、自己判断で放置をしていると、思わぬ身体の不調に気づけないという場合もあるので、
不安であれば専門医を受診するようにしましょう。

 

また、脇に出来た黒いイボは、老廃物や脂肪の蓄積によるものが多いですが、
これらは自然に治るというのはないです

 

一度できてしまった黒い脇イボは、
皮膚科などで除去する必要があります。

 

皮膚科などで除去をしても、肌のターンオーバーや脂肪や老廃物の蓄積などといった、
黒い脇イボの根本的な原因の解決にはいたっていないので、再発してしまうかもしれません。

 

再発を防ぐためには、肌の状態を整えるときや老廃物を定期的に除去するなどが必要になります。

 

食生活やストレスなど生活環境の改善をする必要があるかもしれませんね。

 

脇は汗をかきやすい部分ですので汚れもたまりやすいです。

 

また、脇は汚れがたまりやすいからと言って、
ごしごし洗いすぎると肌にダメージを与えてしまいます。

 

脇

 

そうならないようにするためにも、日ごろからボディクリームやボディスクラブなどで定期的なケアを習慣にするのもお勧めです。

 

 

 

脇のイボが取れた方法はコレ!

脇のイボが取れた方法はこちらです!

 

今回は実際に脇のイボに悩んでいたけれど無事、
イボが取れた方法について紹介したいと思います。

 

脇

 

ある時、私は右の脇にイボが出来ているのに気づきました。

 

イボ自体は小さくてよく見ないとわからないけれど、
一度気づいてしまうととても気になりました。

 

夏などで薄着になると他の人にどう見えているか気になるし、
冬は冬で服との摩擦が気になったりしました。

 

皮膚科に行こうかとも思ったのですが、
ちょうどその時期は仕事が忙しくなかなか行けませんでした。

 

そして、私はインターネットで見つけた艶つや習慣を試してみることにしました

 

とりあえず、試しに使ってみよう、
だめだったら皮膚科に行こうと思っていたのを覚えています。

 

艶つや習慣が届いて驚いたのは、思っていたよりも大容量で、
残りの量を気にせず毎日たっぷりと全身に使えた点です。

 

顔以外の保湿ケアは忙しくておざなりになっていたのですが、
艶つや習慣でイボの対策だけでなく、脇もふくめ全身の保湿・角質ケアをするのができるようになりました。

 

そして、気になる脇イボですが、毎日使い続けて一か月ほどでなくなりました

 

脇のイボがなくなると同時に、首やデコルテの角質によるざらざらや、
背中のざらざらも気にならなくなってきたので、
艶つや習慣のおかげで肌のターンオーバーが正常になったのではないかと思われます。

 

肌のハリや透明感も出てきたので、安心して素肌を出すのも出来ます。

 

友人などと温泉に行ったときにも、肌や脇を褒められるので、
最近は友人に艶つや習慣をすすめています。

 

艶つや習慣

 

自然由来の成分で作られていて肌の弱い方にも使えるので、
プレゼントとして友達に上げています。

 

今では艶つや習慣が手放せません。

 

 

脇のイボが取れそうな時、対処する方法はある?

脇のイボが取れそうな時、対処するにはどんな方法があるのでしょうか?

 

脇のイボがなんだかぽろりと取れそうな時は心配になってしまいますよね。
どうしたらいいのでしょうか。

 

脇

 

脇は服などともよく摩擦を起こす場所です。

 

そのため、脇イボが出来てしまうとイボと服などが、
摩擦を起こしてしまい場合によっては、脇イボがぽろりと取れそうになります。

 

しかし、取れそうだからといって自己判断でつまんで、」
引っ張ったりピンセットなどで、脇のイボを取ろうとするのは避けた方がいい
でしょう。

 

ハサミなどで切り取ってしまうのも避けた方が無難です。

 

脇イボの多くはウイルスが原因によるもので、自己判断でとってしまうとウイルスが飛び散り、
悪化したり他人に移したり、増やしてしまう恐れがあります

 

取れそうだけど取れなくて気になってしまう場合は、皮膚科などで取ってもらうのがいいでしょう。

 

脇イボが取れそうで痛みを伴う時は、
それも伝えるとスムーズに治療してもらえるかと思われます。

 

皮膚科

 

また、普段から脇イボの予防も兼ねて保湿ケアなどをしておくのも大切です。

 

保湿をしっかりしておくと、肌へのダメージを防げますし、肌のターンオーバーを正常にすると、
脇のイボが自然と良くなるときもあります。

 

 

脇のイボを治療薬を使わずに放置しても大丈夫?

脇のイボを治療薬を使わないまま放置しても大丈夫なのでしょうか?

 

脇の場合、人によっては目立つ場所ではないので、
ついついイボができても放置してしまうときがあるかもしれません。

 

脇

 

脇イボは治療薬を使わずに、放置しても大丈夫なのでしょうか。

 

しばらく前に出来た脇イボを久しぶりに確認したら、
なんだか大きくなっていた、なんていうふうになると不安ですよね。

 

放置していいかどうか、脇はイボが出来てしまった原因にもよります。
原因の多くは加齢とウイルスによるものです。

 

加齢によるものは治すことが難しく、治してもまた出来てしまうこともあるので、
専門家に相談しても、特に治療の必要がないといわれることもあります。

 

逆にウイルス性の脇イボは放置していると大きくなったり、
増えてしまうことがあるので、治療の対象になります。

 

若い方で出来てしまった方は放置をせずに、
皮膚科などに行くことを勧めます。

 

いくら目立たない場所に出来てしまった脇イボでも、日常的に服などと摩擦を起こし、
イボが悪化してしまう可能性があります。

 

脇イボが悪化すると大きくなったりウイルスが飛び散って、
別の場所にできたり、他人にうつしてしまうこともあります。

 

治療薬などを用いて皮膚科で脇イボの治療をする場合は、
放置することなく初期の段階で治療をすることをお勧めします。

 

医師

 

脇のイボは脱毛に影響する?

脇のイボは脱毛する時に悪影響があるのでしょうか?
また、脇のイボがあっても脱毛できるのでしょうか?
調べてみました。

 

まず結論からいうと、
脇のイボは脱毛に良くないので、
まずは脱毛する前に脇のイボの治療を
優先させた方が良い
です。

 

脇のイボを無理にとってしまうと、
脱毛の際傷口から細菌などが
入ってしまう可能性もあります。

 

また脱毛サロンや医療脱毛も
店舗によっては、脇のイボがある場合、
脱毛を断るところもあります。

 

脇のイボはクリームやジェル、治療薬で治したり、
皮膚科など病院へ行って診察をうけて、
しっかり脇のイボを治してから
脱毛することをおすすめします。